葬儀時のマナーを熟知しておくべし!日本人なら知っておくべき事

基本料金とその他の費用

費用の内容を知っておこう

男性

葬儀を業者に依頼すると葬儀費用が発生します。
葬儀費用に決まった算出方法はないので、業者によって全く異なります。
場合によっては何十万円も差が出ることがあるので、事前に見積もりをすることがとても大事です。
大東市で葬儀をするときに参考になるのが、それぞれの業者がサイトで明記している基本料金です。
大東市の業者の場合は、一般葬が100万円、家族葬が50万円、火葬式が15万円などと業者ごとに基本料金を決めてあります。
基本料金は、葬儀をする際に最低限必要になるものをセットにした費用です。
この最低限必要になるものに関しは、業者ごとに違うので、内容をしっかり調べることが大切です。
たとえば一般葬の基本料金が100万円でも、斎場(セレモニーホール)のレンタル代が別途必要になることがあります。
その場合は会葬者の人数の目安を考えた規模の斎場を大東市で探し、レンタルする必要があります。
レンタルは一日いくらと決まっている場合と、時間単位でいくらと決まっている場合があります。
通夜から初七日まで一日で済ませてしまう一日葬なら、一日分のレンタル代で済むのでお得です。
基本料金以外に必要になるのが、接待費やお布施代です。
一般葬は一般会葬者が沢山来るので、通夜振る舞いに出す料理やお酒、会葬返礼品や香典返しの費用だけで30万円以上するのが一般的です。
お布施代はお経をしてくれた僧侶に手渡します。
大東市では40万〜50万円がお布施代の相場です。

そもそも数珠とは

花

大東市でお葬式といえば、仏式の葬儀が一般的です。
無宗教葬や自由葬なども増えつつありますが、大東市ではまだまだ仏式の葬儀が主流となっています。
もし、大東市で執り行われる葬儀に参列しなくてはいけなくなった場合、様々なマナーを事前に確認しておかなければいけません。
葬儀は宗教や宗派によって、様々なマナーが設けられています。
マナーを守らないと不謹慎に思われてしまうので注意が必要です。
仏式の葬儀では数珠を持参するのが基本となっています。
数珠は念珠とも言われているもので、本連数珠と片手数珠という2つのタイプに分けられています。
本連数珠の場合、玉の数が108個あるのが特徴です。
片手数珠は本連数珠を略式化したもので、玉の数も様々です。
数珠は座っている際は、左の手首にかけておくのがマナーとなっています。
焼香を行う為に移動する際には、数珠についているふさを下にして、やはり左手で持つのがマナーです。
焼香する順番がきて、慌ててバッグから数珠を取り出す方もいますが、告別式が始まる前から左手に身に着けておきましょう。
焼香時には数珠の下を真下に垂らして、親指以外の4本の指に数珠をかけ親指で抑えます。
指を伸ばし手の平をピッタリ合わせるのが、焼香時のマナーです。
この持ち方が基本ですが宗派によって、持ち方は変わってくるので事前にチェックしておきましょう。
大東市周辺には葬儀場・セレモニーホールが多く建てられていますが、今まで葬儀に参列した事が無いという方は、数珠などの葬儀マナーを確認しておけば、適切な対応が出来るので安心です。

マナーを抑えたメイクを

フラワー

大東市にある葬儀場・セレモニーホールは、交通アクセスが良い場所に建てられているものも少なくありません。
ある大東市にある葬儀場は、バス停から降りて約1分程度の場所にあります。
このように、交通アクセスが良い葬儀場・セレモニーホールは、弔問客の負担を減らせるとして、大東市では多く選ばれているようです。
大東市で執り行われる葬儀に、女性が出席するという場合、ヘアメイクのマナーを守る事が重要になります。
葬儀の場にふさわしくないメイク・ヘアスタイルをしていると、かなり目立ってしまうので注意が必要です。
メイクのマナーは、ナチュラルメイクを徹底するという事が挙げられます。
基本、ベースメイク・眉・リップメイクのみを行うのがマナーです。
ただ、女性の中には「アイメイクをしないで、外には出られない・・」という方も少なくありません。
がっつりアイメイクはもちろん浮いてしまうのでNGですが、マナーさえ守ればアイメイクをして、葬儀に参列する事も出来ます。
アイメイクに欠かせない、マスカラやアイライナーはブラウンを選ぶと、目の印象を抑えたメイクが出来るのでおすすめです。
泣いた時の事を考えて、ウォータープルーフのものを選びましょう。
つけまつげを付けるのはNGです。
ロングヘアの方は後ろで1本に、髪を束ねるようにします。
もし、カラーリングしていたりパーマがかかっているという場合は、1本に束ねた後、まとめ髪にするのが葬儀のマナーです。